土壌調査

土壌調査には、土壌ガス調査と土壌汚染調査の二つがあります。

特長

土壌汚染範囲が推定できます

土壌ガス調査

  1. 土壌汚染対策法を基に敷地を5m×5m若しくは10m×10mで区画化し、各区画中で土壌汚染の可能性が高い箇所を選定します。(土壌ガス調査地点の選定)

    土壌汚染の可能性が低く、調査実施の意味を成さない区画については対象外

  2. 土壌ガス分析結果を基に油拡散範囲を推定します。

土壌汚染調査

  1. 掘削(ボーリング)地点は、漏洩及び油汚染の可能性の高い箇所(土壌ガス調査結果)を選定し、掘削(ボーリング)を行ないます。
  2. 土壌(土壌ガス)分析は、「土壌汚染対策法」で定める分析方法(公定法)で行ないます。
土壌汚染が確認できます

最寄りのトキコシステムソリューションズ、
または購入先にご連絡ください。

電話受付:平日9時〜17時

当社製品のご購入やサービスの導入を
ご検討されているお客様のご質問、ご相談などを承ります。
ぜひ、お気軽にご相談ください。