緊急遮断弁

緊急遮断弁

ガス検知センサーや感震器と連動し、
液体配管ラインを緊急遮断

高圧ガス保安法や消防法などにより、各種産業用設備には、緊急遮断弁の設置が義務づけられています。
MBシリーズ緊急遮断弁は駆動源にイニシャルトルクのきわめて高い炭酸ガスカートリッジを、また弁部にはスムーズな働きをするボール弁を採用しています。各種流体の配管ラインを緊急遮断または開放して2次災害を未然に防止する安全防災機器として最適です。

特長

動力源のない場所でも設置可能

炭酸ガスカートリッジを駆動源として装備しているため、動力源のない場所でも設置できます。

炭酸ガスカートリッジ採用

消火器や救命具などに使われている信頼性の高い炭酸ガスカートリッジを採用しているため、作動が確実です。

定期点検 ・定期修理

緊急遮断弁は、定期的に点検・修理が必要です。詳しくは、カタログをご覧下さい。

PDF版「緊急遮断弁(定期点検)」カタログは下記よりダウンロードできます。

種類

種類

電気信号式:MBAシリーズ

操作盤からの電気信号によりソレノイドが作動すると、炭酸ガスをシリンダ内に噴射し、ピストンを駆動してボールバルブを緊急遮断します。
操作盤を介してガス漏れ検知器や感震器などの各種センサと連動させることにより、容易に総合防災システムを構築できます。

ライン圧力信号式:MBCシリーズ

配管のライン圧力を圧力受信部に導入し、ライン圧力が設定圧力以上に上昇すると炭酸ガスをシリンダ内に噴射し、ピストンを駆動してボールバルブを遮断します。

感震器信号式:MBDシリーズ

地震により感震器が2個とも作動すると、炭酸ガスをシリンダ内に噴射しピストンを駆動して、ボールバルブを遮断します。

最寄りのトキコシステムソリューションズ、
または購入先にご連絡ください。

電話受付:平日9時〜17時

当社製品のご購入やサービスの導入を
ご検討されているお客様のご質問、ご相談などを承ります。
ぜひ、お気軽にご相談ください。