ソフトウエア

マイコン、PLC、ハンディ端末(Android)、PCボード等、ソフトウェアの設計・開発を自社で行っています。
専任の部門を設けて技術開発を行うことで、製品に対するフィードバックを素早く把握し、製品のアップデート、バージョンアップに活かすことが出来ます。

トキコの技術・取り組み

組込みソフトウェア開発(マイコン、PLC等)

計量機やディスペンサー等の機器の制御にPLC(Programmable Logic Controller)やマイコンを使用していますが、組み込みソフトウェアも自社で開発しています。
水素ディスペンサーの開発においては、充填中の圧力を検知し、充填速度をコントロールするマイコンの組込みソフトウェアも自社ですべてプログラミングしています。

ハンディ端末ソフト開発(Android)

「ハンディSSC」は、限定されたエリア内での「給油許可」やステーション内での「給油停止」と「一斉停止」を安全かつスマートに行うことができる端末です。
専用端末は2020年に販売を開始し、2023年には監視カメラの映像を取り込む機能を加え、大きくバージョンアップも行いました。
「ハンディSSC」は、OSにAndroidを採用し、自社でソフトウェアの開発を行っています。大きなバージョンアップの際には、担当エンジニアがサービスステーションに伺い、使用方法をレクチャし、現場での実際の使われ方を確認し、改善点は素早くフィードバックし、ユーザーに寄り添ったソフトウェア開発を行っています。

デバッグツール開発

危険物を扱う製品なので、安心・安全にお使いいただくために、開発したソフトウェアの健全性をテストするためのデバッグツールも自社で開発しています。

PAGETOP